注目ニュース

seijin0116ai

■本紙エリア3市の成人式は新型コロナウイルスの感染拡大により会場開催が中止、延期となり、鎌ケ谷市では10日、船橋市では11日に…

詳しくはこちら

ギャラリー

galleryicon

■東京・千葉など近隣エリアで開催されるさまざまな展示会を紹介。

詳しくはこちら

街角ホット情報

johoicon

■読者の皆様より寄せられた催しなどを掲載。週末の予定の参考に。

詳しくはこちら

花便り

イチゴ狩りの季節
本紙エリア内の複数の農園で今月からイチゴ狩りがスタート。今年開園した「アンデルセンいちご農園」(楠が山町148)ではあっさりとした甘さの「章姫」、フルーティな香りと甘さが人気の「かおり野」、コクがある「紅ほっぺ」の3品種がそれぞれ実を赤くしており、家族連れなどが訪れている。市公園協会が運営する公園と車で4分ほどと近いことから、園名にアンデルセンと付けた。園主の伊豆丸智也さん(34)は「大人から子どもまで幅広いお客さんにイチゴ狩りを楽しんでもらいたい」と話す。船橋市では現在18軒の農家で、章姫や紅ほっぺ、県オリジナル品種の「チーバベリー」など、さまざまな品種のイチゴを栽培している。エリア内での本格的なイチゴ狩りの開始は2月から。今年は人数制限を設けるなど、各園が感染症対策を講じ、来園を呼び掛けている。

本好きのイチオシ

honsukilogo

■9月から、親子でいろいろな職業の人の話を直接聞くことができるプラットホーム「оyakоde」を立ち上げました。世界中どこにいてもさまざまな道で活躍するプロフェッショナルと交流を持つことで…

詳しくはこちら

yoshinagasan1212

■生きづらさを抱える10代後半の若者を支えるNPO法人「ハイティーンズ サポートちば」を今夏、設立した。若者らの相談に乗り、食材の提供、就学、就労の手引きをする。「若者が安心して学び生活できる…

詳しくはこちら

映画に学ぶ

eigalogo

■夕刊紙の記者の頃、上司に連れられて新宿2丁目のバーに何度か行った。そこでメジャーデビュー前のおすぎとピーコを見た記憶がある。そこにいた人たちは話術が巧みで、楽しい。胸を強調したドレス姿の…

詳しくはこちら

Copyright © 船橋よみうり All Rights Reserved.