樽谷 日本一 鎮守の森相撲大会

今月7、8日に伊勢神宮(三重県)で行われた全国鎮守の森こども相撲大会で、地域相撲クラブ「船橋市スター相撲団」の5選手が活躍。中学進学を控えた小学6年の部では、海神小出身の樽谷正輝が優勝を飾った。
同大会は隔年で開催され、今回は船橋大神宮氏子青年会の推薦により同チームが出場した。3人制で争う団体戦では初戦敗退。悔しさをバネに、メンバーらは「気合を入れて」個人戦に臨んだ。
樽谷は一昨年、4年の部で準優勝。今回は得意の押し出し、寄り切りなど得意の押し相撲で勝ち進み、決勝では青森県の棟方聖蓮と対戦。一時は土俵際まで押されたが投げを打って切り返し、最後は寄り倒しで優勝を飾った。「小学生最後の大会なので、教わったことを全部出そうと戦った。優勝できてうれしい」と喜びを語った。
阿武松部屋(習志野市)の朝稽古に参加するなど、各界入りを念頭に心身を鍛えてきた樽谷。今月都内に転居し、さらなる飛躍を目指す。中学での目標は、もちろん全国制覇だ。