皇帝ダリア見頃
週明けの雨風で紅葉が散り、足もとに赤や黄色のじゅうたんが広がる中、林縁などで薄紫色の花が存在感を放っている。写真は金杉谷津田の土手で見頃を迎えている皇帝ダリア。背丈2㍍ほどの株20本ほどが風に揺られていた。カエデの小道や、年始ごろまでゆっくりと咲き続けるという十月桜も。JR船橋駅からバスで「金杉緑地」下車、徒歩約10分。(先月29日撮影)