鷺沼の畑でヒマワリ満開
習志野市鷺沼にある織戸菜園の約3千平方㍍の畑でヒマワリが咲き誇っている。同菜園の織戸淳也さん(37)が緑肥として栽培しているもので、背丈の低いサンマリノという品種の種を7㌔ほどまいたという。昨年、一般公開したところ好評で今年は1・5倍拡大した。ただ、土地区画整理事業の範囲にあり「今年で最後の可能性もある」と話す。今月末頃まで公開し、その後すき込みする予定。鷺沼4‐11。駐車場なし。JR幕張本郷駅から徒歩15分。(20日撮影)